読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百のメモ用紙

2D、3D の制作に関しての独り言です。

急遽 Spyder5 pro を購入

以前購入した EX-LD2702D ですが、どうしても色合いに不満がありまして、

急遽カラーキャリブレーターを購入することにしました。

 

少しだけ説明しますと、キャリブレーターという機器はディスプレイ(もしくはプロジェクター)の色合いを調節して発色精度を高めるためのものです。

 

今回チョイスした機器は Spyder5 Pro です。価格は2万円行かないぐらい・・・

 

f:id:akigurekorou:20170129144719j:plain

 

f:id:akigurekorou:20170129144751j:plain

 

中身はかなりシンプルです。

ていうか説明書すらありません、なくても特に問題ないと思うので気にしませんが・・・・

 

まず、ホームページからソフトウエアをダウンロードします(場所は結構わかりづらかったりします)

 

ソフトウエアの指示に従っていくと特に問題なくキャリブレーションができます。

f:id:akigurekorou:20170129145053j:plain

キャリブレーション中は光度の設定以外放置していれば勝手に終わる感じです。

 

で、私は3台モニターを所持時ております。

princeton一台、IODATAが今回購入したものを含めて二台です。

 

もともと所持していたディスプレイは以下の結果です。

 

f:id:akigurekorou:20170129145405j:plain

IODATAのほうの結果・・・

f:id:akigurekorou:20170129145711j:plain

Princetonのディスプレイの結果。

 

で、今回購入した EX-LD2702D のキャリブレーション結果としては・・・

f:id:akigurekorou:20170129145933j:plain

こうなりました・・・

なんと、新しく買ったディスプレイのほうが sRGB カバー率に関してはもともと所持時ていたものに劣る結果となったのです。

 

そして、なんかキャリブレーションしたはずなのに赤みが強い気がします・・・

 

今まで使っていた IODATA のディスプレイがいいこともあって、今回購入した EX-LD2702D は残念です・・・・

 

イラストを描く人が使うモニターには明らかに向いていないですね。

 

 

今回使ったキャリブレーターですが、非常にわかりやすく扱いが簡単なので、ぜひ創作活動をしている方は導入することをお勧めします。

EX-LD2702Dはおすすめできないけど;